ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスプレゼント 
2007.12.27.Thu / 05:59 
サンタが来る夜、


お兄ちゃんは欲しいもの(DS)を紙に書いて枕の下に入れていた。

弟くんは、泣いていた。



私: どうしたの?

弟: だって、俺もDSが欲しいのに字が書けないもん。

私; お願いを書かなくても弟くんがいい子にしてたらサンタは来るよ。



字が書けなくて、絵を描いていた弟くん。
でも、その絵がうまく描けなくて泣いていた。


私: 早く寝ないとサンタが来ないかもよ。大丈夫だから寝よう。

弟: うん。


夜中、そっと枕元にプレゼントを置いた。


ちなみに、選んだものはこれ。
lego

恐竜好きのお兄ちゃんに、車好きな弟くん。



朝、弟くんがトイレに行くために起きてきた。
用を済ませたあと、お兄ちゃんの枕元にあるプレゼントを発見!



弟: あっ、プレゼントがある。

兄: えっ、これ俺のだよ。

私: えっ、これ母さんの?

弟: これ、俺の!

私: じゃあ、こっちが母さんの?

兄: これは俺の!

弟: 開けてみよ~。




弟: うわぁ~、すごい。これ、俺欲しかったんだ!ヤッター!!

兄: ラッキー、俺のはプテラも作れる。サンタさん、ありがとう(v^_^)v

弟: サンタさん、ありがとうヽ(∇⌒ヽ)



喜んでくれて良かったよε~( ̄、 ̄;)ゞフー

kyouryuu




一番早く寝て、一番遅く起きた彼。

夜中に起こった出来事を教えてくれた。


夜中、トイレに起きたら、誰かが壁の横でじっと座っていた。

お兄ちゃんは寝ているのがわかったので、弟くんが座っているんだと思って声をかけたんだ。

『弟くん、弟くん、どうしたの?何があったの?』って聞いても返事をしない。

『弟くん、どうした?寝れないの?寝ようよ』って何度も話しかけた。

なのに、まったく何も言わない。

どうしようと思って、肩をたたいたら…





お兄ちゃんへのプレゼントだったんよ~。








彼のトボケぶりに、お兄ちゃんと2人で大爆笑o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o


お疲れでした。

スポンサーサイト
* テーマ:おもちゃ - ジャンル:育児 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

彼。。。ナイスボケ!!(≧ω≦)b good!!

自分でいうのもなんだけど、子供の喜ぶツボってやっぱり親はしっかりわかってるのよね。
だから枕元にあったのが「欲しい」って言ってたものじゃなくても、すごく喜んでくれちゃってね(^^)
朝、起こす時に「サンタさん来たみたいだよ~」って耳元で囁いただけで飛び起きた子供らが本当に可愛いと思うんだ(*^ー^*)

- from けろりん -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

----

けろりんさんへ

子ども達って、いつまでサンタを信じてくれるのかな~。

弟くんは、イヴの夜に月をじっと見ながら『サンタが、あそこにいるのが見える』と言ってました。
すかさずお兄ちゃんが『月にはサンタはいないのに!』と…。
小学生になると知識が増えてくるので、お兄ちゃんにバレなくて良かった!とドキドキしながら過ごしたよ。

いつまでもかわいい子ども達でいてほしいよね。



鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。
『はじめまして』だと思うのですが…。

- from run run -

   非公開コメント  
スポンサーサイトクリスマスプレゼントのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
掲示板
プロフィール

run run

Author:run run
年下好きな人妻&二児の母
職業;お宅訪問
登場する人たち;
兄(7歳)弟(4歳)彼(2人の父)

FC2カウンター
ただいま訪問中
最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 おもむくままに All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。